ビタミンE

アラキドン酸とビタミンEの相性

今健康の維持や美容のために、改めて脂肪や脂質について考える機会が増えています。
かつては脂肪や脂質は身体の健康を害するもの、としてのイメージが強かったのです。
そのため脂質を含む食材は排除し、身体の脂肪を減らすことこそ健康のために必要と思われてきました。
しかし、体内に適度な脂肪があることや脂質のある食事を暴食するのではなく適切に食す事が健康や美容にとって、実は重要であると認識されるようになったのです。
しかし、これには十分な注意が必要です。

人間の食べる食材には様々な種類があります。
肉・魚・野菜や穀物などです。
中でも肉・魚には脂質を含んでいます。
脂質の中には飽和脂肪酸と呼ばれるものと不飽和脂肪酸と呼ばれるものがあり、不飽和脂肪酸に注目が集まっているのです。
飽和脂肪酸の摂り過ぎは身体を酸化させてしまい、老化の原因になります。
しかし不飽和脂肪酸は同じ脂肪酸の中でも重要で、摂取をすることでコレステロールの低下を実現することが出来るのです。
脂質を摂ることでコレステロールが減少する、というのは意外なのではないでしょうか。

不飽和脂肪酸の中でも人間にとって必ず必要な脂肪酸として「必須脂肪酸」があります。
この中の最も重要な成分が「アラキドン酸」です。
この成分は私たちの健康のみならず、身体を維持していくうえで必須の成分です。
なぜならアラキドン酸は、脳細胞を作る原料だからです。
人の脳は細胞の塊によって形成されています。
絶えず古い細胞から新しい細胞へと生まれ変わっており、新陳代謝を繰り返しているのです。
しかし、脳細胞の原料が減少してしまうと、細胞は生まれ変われなくなりどんどん機能が低下していきます。
そして、認知症などを招いてしまうのです。
アラキドン酸を十分に摂取すること、そしてさらに抗酸化作用が高いビタミンEをセットで摂取することで、身体の酸化を防ぎながら適切な脂肪酸を手に入れることが出来ます。
野菜と魚、など組み合わせて摂取しましょう。
みなさんもアラキドン酸で健康生活始めてみませんか。