ビタミンE

アラキドン酸の供給源

脳機能を健やかな状態に保つために、アラキドン酸の摂取は不可欠と言われています。
特に乳幼児は脳の成長が著しいので、母乳やミルク、幼児食でアラキドン酸を補うべきと言われています。
研究が進んでいるアメリカでは、既に多くの粉ミルクに成分の配合が行われているのです。
また、日本国内において社会問題となっている認知症を避けるためにも、不足しないようにアラキドン酸を補う事が求められています。
認知症はアルツハイマーなども要因としてありますが、必ずしも老人だけが患う病気ではありません。
場合によっては若年性でも患うことがあるのです。
脳機能を常に安全運転で働かせるためにも、健康成分の不足には気を付けなければなりません。

では、話題の成分であるアラキドン酸を補うにはどうするべきなのでしょうか。
それはこの成分の供給元を知ることがマストです。
この成分は、必須脂肪酸の一種であり食材で補う事ができます。
脂肪酸は脂質に含まれることが一般的です。
アラキドン酸の場合、レバーなどの肉類、さんまやさば等の魚類に多く含まれます。
鶏卵にも豊富なので、卵アレルギーが無ければ幼児食から卵を加えて補う事が可能になります。

また、植物油にも豊富に含まれています。
そのため食材には野菜志向という方でも油を使用することで補うことが出来るのです。
つまり肉や魚と油を過剰に食べていると成分過多を招く可能性があることも覚えておきましょう。
必要適宜の成分摂取は、脳機能だけでなく生体調整ホルモンの機能が高まるので、風邪を引きにくくなります
これは免疫力が向上するからです。
肉や魚を食べないと体調を壊しやすくなる人がいるのは、生体調整ホルモンのパワーが低下するためと言われています。
もしも、食事は療法などで制限がかかっている場合にはカロリーの心配が少なくて済むサプリメントも存在します。
必要な成分を濃縮させているのでとても安心です。
サプリメントなら続けやすいので、毎日食事を作ることが億劫な人にもオススメです。
気になるアラキドン産の副作用についての記事も参考にご覧ください。