ビタミンE

中高年以降のダイエットとアラキドン酸

若い頃と同じ食事内容なのに、いつの間にかお腹だけが出てしまっていることはありませんか。
多くの人たちは30代以降、新陳代謝が落ちていきます。
すると、若い頃と同じようなカロリーの摂取では、いつの間にか肥満体質に陥ってしまうのです。
でも美味しい食事をやめるのはなかなか辛いものです。
そこで、おススメしたいのは中高年向けのダイエットです。
お肉やお魚は調理方法次第でカロリーの制限できます。
ではどのような食事内容にすればよいのでしょうか。

まず、お肉を食べるのであれば「鶏肉」がおススメです。
鶏肉は脂質が肉類の中では少なく、かつ親子丼やささみのサラダなどバリエーション豊かな調理方法があります。
自由な調理方法で美味しい食事を楽しめるので満足できるでしょう。
そして、お魚なら脂質が多いサバなどがおススメです。
魚にはアラキドン酸やドコサヘキサエン酸が豊富なので、脳の活性化にも抜群の効果があります。
子どもにもおススメしたい食材なので、家庭で美味しく召し上がってみてはいかがでしょうか。

中高年以降は様々な体内の機能が衰えていきます。
新陳代謝のみならず、脳細胞も減少していきます。
その背景には、体内で生成されるアラキドン酸が減少していくためと言われています。
アラキドン酸はお肉やお魚に含まれるので、積極的に摂取をすることがおススメです。
でも摂り過ぎるとアッと言う間に中性脂肪が増加し、脂肪肝や動脈硬化、がんなどの病気を招いてしまいます。
また偏った食事は糖尿病の原因にもなります。
中高年は体調管理が厳しくなりますが、美味しい食事・健康管理・必要な成分の摂取を念頭に置いて生活しましょう。
これは一見難しく聞こえますが、決して無理なことではありません。
先に紹介したような鶏肉やサバなどの食材で乗り越えましょう。
もちろん、食事の他にも運動も大切です。
ダイエットは安易な食事制限で行うものではありません
バランスの良い食事と運動で中高年の太りやすい身体を引き締めましょう。