ビタミンE

アラキドン酸とエイコサペンタエン酸

近年脳に必要な栄養素について注目が集まっています。
その背景には、私たちは空前の高齢化社会を向かえているためです。
日本は世界有数の長寿国家で、独居老人も病気を抱えている老人も同時に増加しています。
そして、認知症を患う患者数も年々増加しているのです。
認知症の原因には様々な要因がありますが、その1つに脳に必要な栄養素の欠乏が挙げられています。
では一体どんな脳の栄養素が私たちには必要なのでしょうか。

脳への栄養素としてとても重要な成分と言えば、「オメガ脂肪酸」です。
「ω脂肪酸」とも表記されるこの成分には、ドコサヘキサエン酸やアラキドン酸などの身体に重要な成分が含まれます。
脂肪酸は大きくわけると2つのジャンルがあり、不飽和脂肪酸と飽和脂肪酸に分けられます。
オメガ脂肪酸は不飽和脂肪酸に該当し、中でも必ず補う必要がある成分を「必須脂肪酸」と呼びます。
ドコサヘキサエン酸もアラキドン酸も必須脂肪酸の1つです。
中でもアラキドン酸はARAの名称で親しまれており、オメガ6系脂肪酸に位置しています。
脳細胞を構成する主要成分の原料となり、記憶力や学習能力を運営する細胞を生み出せるのです。

オメガ脂肪酸のARAは脳だけを支える成分ではありあせん。
何と血液はもちろんのこと、皮膚細胞の構成にも役立っています。
肉や魚に多く含まれているので、美味しく食べることで常に補っていくことが大切です。
そして、今EPAと呼ばれるエイコサペンタエン酸も同様に注目されています。
エイコサペンタエン酸はドコサヘキサエン酸と同じジャンルに該当しオメガ3系脂肪酸の一種です。
この成分は動脈硬化の改善やアレルギーの防止に役立ちます。
エイコサペンタエン酸は魚に多く含まれます。
このように脂質は決して敵ではなく。
私たちの身体を元気に運営していく上での重要な成分なのです。
肉や魚を適切に食べることで、老若男女問わずに元気で居られます。
食は病を避けるための、最前の方法なのです。
手軽に摂取しやすいアラキドン酸サプリメントから始めてみてはいかがでしょうか。