ビタミンE

アラキドン酸を加水分解

身体の細胞の核とも言える存在の細胞膜は、人間の体内の基礎中の基礎です。
そんな大切な細胞たちの原料には、ω6系とも言われる不飽和脂肪酸のアラキドン酸が使用されています。
つまり、人間の身体は脂肪酸なしでは運営できないほど重要なのです。
そして、時に人間の身体にエラーを引き起こす成分でもあります。
必要ながら摂り過ぎは禁物とされる難しい成分なのです。

このアラキドン酸には加水分解という現象があります。
では加水分解とはどのようなものでしょうか。
アラキドン酸は「生体調整ホルモン」の原料にもなるとは有名なお話なのですが、この生体調整ホルモンは人間の免疫システムを支えているホルモンです。
さらに、アラキドン酸は代謝システムを構築し、身体のいくつかの機能を支えています。
血栓の予防などに効果をもたらすこの代謝システムは、酵素が作用することで働き始めます。
様々な変化を遂げながら代謝のシステムに変身していくのです。
このシステムはカスケードとも呼ばれており、人間の自然な体内の働きと言えるでしょう。

人間の身体は様々な脂肪酸やビタミンなどの成分を基に様々な細胞を生んだりホルモンを助けたりとまるで精密な機械のように働いています。
しかし、機械にも原料が必要です。
近年過度のダイエットを背景にアラキドン酸が不足しているのではと危惧されています。
正常な体内のシステムの運営に、重篤な問題を引き起こしかねないのです。
また、加水分解を正常に起こさなければ体内のあらゆる機能に負担を及ぼします。
また、加水分解は体内の水分に反応して起こるので、体内にきちんと水分を補っておくことも重要です。
暑いシーズンは水分を急激に体内から失ってしまい、正常な体内のシステムが作動しなくなる恐れがあります。
水分と脂質は、私たちの健康の維持に、意外にも力強い土台となっているのです。
普段脂質は忌み嫌われる場面もありますが、適切に老若男女補い、健康な体内の運営に意識を持ちましょう。
また、アラキドン酸とローヤルゼリーの違いについても興味深いです。