ビタミンE

多価不飽和脂肪酸と悪玉コレステロールとの関係

近年健康成分として「不飽和脂肪酸」に注目が集まるようになりました。
でも、普段生活している中で不飽和脂肪酸を意識しながら生活しているひとは少ないのではないでしょうか。
それも無理はありません、食材に不飽和脂肪酸であるなどの表示がなされているわけではないからです。
ではこの成分は、一体私たちにどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか。

不飽和脂肪酸とは化学記号などで学んだことがある「炭素」の分子同士が二重に結合している成分を指します。
と言ってもイメージしにくいと思いますが、魚や肉、卵などに含まれる成分の一種です。
不飽和脂肪酸は体内に必要不可欠で、身体の抗酸化作用を防ぐ機能があります。
身体は歳をとるごとに酸化し、老いていくものです。
しかしそのスピードは不飽和脂肪酸を適切に摂取することで緩めることができます。
そして、中年層にはさらに嬉しい効果もあります。
年齢とともに悩まされがちな悪玉コレステロールを抑制し、中性脂肪の増加を防ぐ効果があるのです。

では付具体的にはどんな成分を摂取するのが望ましいのでしょうか。
不飽和脂肪酸の中には「多価不飽和脂肪酸」と呼ばれているものがあります。
その代表格は「アラキドン酸」です。
植物油や魚の脂、レバーなどに多く含まれており、身体に必要な量を失わないように摂取することで、悪玉コレステロールを除去する作用があります。
しかし、摂り過ぎは善玉のコレステロールも過剰に除去することがあるので、大量摂取は禁物です。
その他にも血液の流れをクリアにする作用もあるので、ドロドロの血液をサラサラにする作用があるのです。
このように、脂肪酸を上手に生活の中に組み込んでいくことで健康な身体を手に入れることが出来ます。
悪玉コレステロールが増加すると、脂肪肝やがん細胞の活発化を招いてしまうので、早急な対策が必要です。
多価不飽和脂肪酸は簡単に食生活の中で補うことが出来るので、美味しく健康へと近づいていきましょう。